ついでに書いておこう

MENU

知らなかったコミックのサイト

独身アラフォーOLの先輩、先日いよいよスマホデビューしました。ぼちぼち使いこなせるようななってきたらしく、「こんなアプリ入れてみた〜!」とコミックアプリを見せてくれたりも。

 

実際漫画も見せてくれたのでが、見た瞬間私も気に入りました!こんなコミックのサイトがあったなんて。知らなかったです。

 

結局その後、家に帰ってからコミックサイトについて色々と調べてみたのです。そしたらフィーチャーフォン時代より続いているサイトなどがたくさんあるとのこと。

 

スマホコミックと呼ばれているサイトですが、クオリティが高いサイトばかりで正直驚きました。もちろん早速サイトを利用してみました。

 

先輩とは違うサイトで楽しむことにしたのです。同じサイトだと、なんか嫌ですしね。しかしそんなある休日、コミックを読んでいるとスマホが熱を帯びて動作が悪くなってしまったのですよ。

 

そこでとっさにとった行動は、なんとアツアツのスマホを冷蔵庫に入れてみたのです。で、30分くらいしてから取り出したら、ひんやりしてたので直ったと思ったそうですが翌朝、フリーズ。

 

結局ドコモカウンターへ。スマホを冷蔵庫に入れたり、保冷剤をあてたりすると、内外の温度差で端末内で結露をおこし、故障することもあるそうです。

 

いい勉強になりました。

縦書きを上手く書くコツ

意外と難しい縦書き。みなさんは縦書きに悩まされた経験、ありませんか?

 

ハガキなど、横書きよりも縦書きの方が適しているものはたくさんあります。しかし縦書きはなかなか厄介なもので、少し気を抜くとすぐに歪んでしまうのです。

 

どんどん右にずれていってしまったり、反対に左へずれてしまったり。縦書きは、どんなに字がきれいであっても、左右にずれてバランスが崩れると格好悪く見えてしまうのです。

 

ですので縦書きの場合は字のきれいさよりもバランスを意識したいところですね。縦書きを上手に書くコツは、ずばり中心線です。

 

あらかじめ中心線を引いておき、それに沿って書くことでバランスが崩れるのを防げます。中心線を引くのであれば、定規と鉛筆を用意しましょう。

 

消しゴムで消せれば問題ないのでシャープペンシルでも構いません。定規と鉛筆を用意したら、斜めにならないよう気をつけて中心線を引きます。

 

あまり強く書きすぎると跡が残るため、少し筆圧を弱くするとよいでしょう。

 

その後、ボールペンで宛名などを書き、インクが乾燥したら消しゴムで中心線を消します。

 

手間はかかりますが、たったこれだけできれいに見えますので試してみて下さい。

スマホで調べ物

以前よりスマホには色々と楽しめるサービスがいっぱい存在することが分かった私。ちょっと時代遅れなような気がして今回いろいろと自分なりに調査してみました。

 

結局どんなアプリがまだあるんだろう、とかどのようなサイトがまだあるんだろう、と疑問な部分が多くあったので。スマホに関しては経験不足だと思う。

 

そこでスマホサイトの一覧みたいなサイトがあったので、今回活用してみることにしたのですが、サイトはやはり何でもありますね。

 

無料ゲームサイト、レシピのサイトなどなど何でもありさすがスマホという感じです。またアプリの方は多すぎて良く分からなかった。

 

アプリに関しては求めているような機能性を持ったアプリもあるし、ジョークアプリというふざけたような面白いアプリまで色々とある。

 

スマホは奥が深すぎてちょっとついていけないかも(笑)まあ好きなサイトやアプリを使って普通に楽しむのが一番になるかもしれない。

求人サイト「バイトル」からの応募方法は簡単

例えば求人誌を見ての応募では、電話による応募がほとんどです。ですがバイトルのようなネット求人サイトを見ての応募では、電話応募とウェブ応募の両方が可能です。

 

電話での応募の場合は、企業が指定している連絡先に電話をし、バイトルを見た旨と応募したい求人を伝え、あなたの氏名と連絡先電話番号を伝えます。

 

アルバイトについて、なにか聞きたいことや確認しておきたいことがあれば、ここで質問しても大丈夫です。そして、企業の担当者から面接の案内があるので、面接の日時を決め、当日の持ち物について伝えられます。

 

このような流れで面接までサポートしてくれるのとても楽です。バイトルのようなサイトはたくさんありますので、一番いい都合に合う方法でバイトを探すといいでしょう。

 

またバイトル 関東のような求人について多く掲載している地域でバイト探しをするのがやはり楽です。郊外では何かと見つからないケースが多く、またあっても少々妥協してバイト応募するケースが結構多いのです。

 

妥協したくないのであれば、やはり関東のような都市部でのバイト探しをお勧めします。バイトルはこのような時でも結構活躍するのでお勧めなのです。

 

面接の当日になったら、持ち物を確認し、時間に余裕を持って面接場所に行くようにしましょう。

更新履歴