マナーとルールの違い

MENU

マナーとルールを理解しておく

「マナー」と「ルール」の違いを求められた時、みなさんはすぐに答えられるでしょうか。

 

マナーとルールは非常に似たイメージがあります。違いを説明しなさい、と言われてもパッと出てこないですよね。

 

マナーとルールの違いを明確にするためには、まず日本語に直してみましょう。マナーの場合は「行儀」「作法」となります。

 

ルールの場合は「規則」となります。わかりやすく言うとすれば、マナーは守るべきもの、ルールは守らなければいけないもの、ですね。

 

身近な例を挙げますと、例えば食事をしていたとしましょう。携帯電話を見ながら食事をして「行儀が悪い!」と怒られた経験はありませんか?

 

もしくはそのようなシーンを見かけたことはないでしょうか。また、テーブルマナーという言葉もあります。

 

ですがサッカーをしていてサッカーボールを手で持ったらルール違反になりますね。ルール違反をすれば退場させられたりなど、なんらかの罰があります。

 

マナーやルールといった言葉のままですとわかりづらいですが、行儀や作法、規則というふうに日本語へ直すとわかりやすくなるかと思います。

 

つい混乱してしまいがちなマナーとルール。日本語で覚え直すと、よいかもしれません。